ロレックスと映画

長年にわたり

映画という芸術は「継続」を尊重してきた。映画製作に不可欠な知識、経験、伝統が、何十年にもわたり、ジェームズ・キャメロンなどの伝説的な監督から次世代のフィルムメーカーへと継承されてきた。キャメロンが言うように 「先人たちが残してくれたものを礎として作品を作る」のだ。


2019年

未来の
映画監督へ

映画監督のマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、アレハンドロ・イニャリトゥ、キャスリン・ビグロー。それぞれが映画に尽きせぬ影響を及ぼしてきた。次世代の映画監督たちにインスピレーションを与え、妥協を許さぬ情熱をもって自らの信念を貫くよう、鼓舞してきた。それこそが彼らの映画の特徴だからだ。

2018年

映画の巨匠を
称えて

映画史に名を残すのは、至極の芸術性と卓越した技術を融合させることのできる人物たちの作品だ。ロレックスは、アカデミー賞受賞監督であるマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、キャスリン・ビグロー、アレハンドロ・イニャリトゥをサポートできることを誇りに思う。彼らこそ、映画制作において常に限界を押し広げている監督である。
2017年

ジェームズ・キャメロン、
ストーリーテリングの
名手

ジェームズ・キャメロンは映画制作の頂点を代表する監督だ。彼の多くの作品の随所に、大胆な視覚効果、技術革新が表れている。タイタニックで歴代最多の11部門でアカデミー賞を受賞。アバターは歴代興行収入1位の座についている。

このページをシェアする