ロレックスと映画

長年にわたる関係

数十年にわたり、ロレックス ウォッチは映画における最も重要な役割を果たし、象徴的な登場人物や、これらの物語に命を吹き込んだ伝説的な監督たちに着用されてきた。
何年も前にロレックスを採用し、時を経て、この魅惑的な芸術の中でロレックスの永続的な存在感を高めてきたのは、ストーリーテラー自身なのである。

ロレックスと映画

名作を生み出す

リンクRolex.com



2020年

自身のメントーに敬意を表す4人の映画監督たち

マーティン・スコセッシ、キャスリン・ビグロー、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、そしてジェームズ・キャメロンら、伝説的な映画監督たちは若い映画監督たちが直面する課題を知っている。
彼らは道を切り開いた先人へ敬意を表し、限界を破り、芸術の躍進のために努力する若者たちを勇気づける。ロレックスは映画芸術科学アカデミーとパートナーシップを結び、優れた芸術の振興を支えている。また、ロレックスは映画の過去、現在、そして未来を探求するアカデミー映画博物館の創設サポーターを務めている。

2019年

未来の
映画監督へ

映画監督のマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、アレハンドロ・イニャリトゥ、キャスリン・ビグロー。それぞれが映画に尽きせぬ影響を及ぼしてきた。次世代のフィルムメーカーたちにインスピレーションを与え、妥協を許さぬ情熱をもって自らの信念を貫くよう、鼓舞してきた。それこそが彼らの映画の特徴だからだ。

2018年

映画の巨匠を
称えて

映画史に名を残すのは、至極の芸術性と卓越した技術を融合させることのできる人物たちの作品だ。ロレックスは、アカデミー賞受賞監督であるマーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、キャスリン・ビグロー、アレハンドロ・イニャリトゥをサポートできることを誇りに思う。彼らこそ、映画制作において常に限界を押し広げている監督である。
2017年

ジェームズ・キャメロン、
ストーリーテリングの
名手

ジェームズ・キャメロンは映画制作の頂点を代表する監督だ。彼の多くの作品の随所に、大胆な視覚効果、技術革新が表れている。タイタニックで歴代最多の11部門でアカデミー賞を受賞。アバターは歴代興行収入1位の座についている。

全てのプロジェクトを見る