close

マーティン・スコセッシ

ロレックスと映画

詳細を見る

scroll-down

マーティン・スコセッシは映画界の巨匠であり、50年に渡るキャリアの中で、数々の映画の監督、プロデューサー、脚本家を務め、その作品の多くが名作として認められている。

一時代を築く

マーティン・スコセッシは、ニューヨークのリトル・イタリーで生まれ育ち、1960年代後半に初の長編映画を制作した。ミーン・ストリート(1973)タクシードライバー(1976)レイジング・ブル(1980)グッドフェローズ(1990)などの名作によって映画の可能性に対する人々の常識を覆してきた。

スコセッシが監督し、ロバート・デ・ニーロがアカデミー賞の男優賞を受賞したレイジング・ブルは、作品賞と監督賞を含む8部門でアカデミー賞にノミネートされ、現代映画の傑作の一つであると称えられている。続いてハスラー2(1986)、グッドフェローズ(1990)、ケープ・フィア(1991)、エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事(1993)、カジノ(1995)、など数々の作品を世に送り出した。2000年代に入って、ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)、アビエイター(2004)、そして彼の最初の監督賞受賞作品となったディパーテッド(2006)、最新作のサイレンス(2016)などを次々と発表していく。
類い稀な芸術性、カリスマ性、寛大さを併せ持つスコセッシは、世界中のフィルムメーカーと観客にインスピレーションを与え続けている。

インタビュー

映画制作において、卓越へのあくなき追求を実現する秘訣を教えてください。

56年毎に変化していくような映画に出会うことがあります。同じ映画であっても、深みと不変性が増しているのです。人生経験を楽しみ、何事に対しても好奇心を失わずにいれば、小説、映画、絵画や音楽などジャンルを問わず、芸術作品はあなたに訴えかけてくるだけでなく、インスピレーションを与えてくれるでしょう。私にとってあくなき追求とはまさにそういうものです。

ある作品を観る時に、作品が制作された時代や場所、作品の中で重視されている政治的問題、文化的背景などから切り離して考えたとします。しかしそれでもその作品は、観る者の人間性に訴えてきます。それが芸術の素晴らしさかもしれません。フィレンツェやルネッサンス時代の作品なのか、ニューヨークの58丁目で作られたのかは関係ありません。映画自体が変わるのではなく、観る人が経験を積んで変わっていくのだと思います。

どうしてもこの物語を映画で伝えたいと焦がれているのなら...自分の映画は、自分で作るのです。

映画監督として意識的に限界を押し広げる方法を教えてください。

映画制作で励みとなるのは、独自性を持つこと、新境地を開くことです。私にとっては、自分が普段やっていることの限界を破ることです。とは言え、以前取り上げたことのある題材を扱った映画を作ることになることもあります。何度も何度も同じ作品を作っているようなものです。

したがって、ユーモアのセンスがなければやっていけません。もう一度やってみよう、今度はうまくいくかもしれない、とね。

他の人にはおかしいと思われることでも、でも恐れずやってみなさい。

若い監督たちに自分の作品から何を学んでほしいと思いますか。

技術の進歩のおかげで誰でも映画を作れるようになりました、私が子供だった50年代、40年代後半には、そんな技術はありませんでした。しかし今や、スマートフォンなどの何かしらの機材があれば、誰でも映画を作ることができるのです。選択肢もそれを叶える方法も数限りなくありますが、行きつく先は一つです。この物語を伝えたいと焦がれているか。閃きは君の中にしかありません。誰かが外から押し込むことはできないのです。

映画監督としての責任を感じることはありますか。それは、どのような責任ですか。

責任はただ一つ、自分自身に忠実であることです。他人のために映画を作ろうとしたこともありましたが、いつもクビになりました。しっくりしないと思ったら、やらないことです。落とし穴はたくさんあります。唯一頼りになるのは、自分の内なる閃きです。誰かに何かを伝えずにいられないという渇望です。

ロレックス
メントー&プロトジェ
アート・イニシアチヴ

2008年、スコセッシはロレックス メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴでメントーを務めた。アルゼンチンの若き映画制作者、セリーナ・ムルガをプロトジェに選び、シャッターアイランド(2010)の撮影現場に伴った。

このページをシェアする