Gorur R. Iyengar Gopinath自然農法

published 1996icon-clock 読む時間 0min 45s
icon-scroll-down

ゴルル・ゴピナートは、インドの環境に優しい養蚕方法を開発した。環境を破壊することなく、環境に合わせる方法だ。その過程で地元住民の生活水準も向上した。

ロケーションインド

インド陸軍を退役したゴルル・ゴピナートは、農業に転身したが、無一文になりかけた。近代的な化学農業がもたらす弊害に気付き、低コストで自然な養蚕用桑栽培システムを開発し、破壊されていた農村風景を復元した。カルナータカにある彼の農園は持続可能な絹生産の指針となっており、「自然を生かす農法」という彼のメッセージは、何千というインドの農家にインスピレーションを与え、生活水準と健康状態の向上に役立っている。

確信していることは、農業において、環境に配慮しない分散した管理方法は、経済的でも持続可能でもないということです。

「近代的な農業技術が自分たちの故郷を台無しにしていることに気付いた者は、ほとんどいませんでした。」と彼は語る。

ロレックス賞受賞以来、ゴピナートはヘリコプターのチャーターサービスなど、数々の事業を展開しており、2003年にはインド初の格安航空会社の操業を開始した。フランス政府からはレジオンドヌール勲章を授与されている。農業への情熱は消えることなく、定期的に農園を訪れている。特に15歳の頃農園に雇われた無学の少年、ラジュを誇りにしている。ラジュは今や農園の監督者だ。

  • 44歳

    ゴピナートが退役し農業を始めた年齢

  • 16ヘクタール

    カルナータカにある農園の面積

  • 2~3年

    エコ農業で土地が回復するまでの低収穫期

全てのプロジェクトを見る

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る