Mario Robles del Moral地球の緑を蘇らせる

published 1996clock 読む時間 45s
scroll-down

母国スペインの森林再生に対するマリオ・ロブレス・デル・モラルのたゆまぬ努力は、世界中に広まっている。世界中を森の道で結ぶということが、その究極の目標だ。

ロケーションスペイン

始まりは小さくても大きく成長する物事がある。1993年にマリオ・ロブレス・デル・モラルがスペインで始めた森林再生運動は、地球規模の環境プロジェクトへと進化している。

樹木は成長するために二酸化炭素を取り込むだけではありません。健全な水源、土壌、我々が吸う空気を確保する上でも、森林は不可欠なのです。

地球の森と名付けられたこのプロジェクトを通して、デル・モラルは世界中の60万人以上の人々にインスピレーションを与えている。少なくとも一人1本植樹し、地球上に「緑の道」を広げようという野心的なプロジェクトだ。いつの日か宇宙から見えてもわかるような道にしたいと彼は望んでいる。

元看護師であり、環境マネジメント、持続可能性、企業の社会的責任、経済学、人類学を学んだロブレス・デル・モラルは、植樹は地球の気候変動に対する最善の解毒剤であり、植樹、伐採、材木の使用は最大の就労支援だと確信している。

1996年に彼のスペインの森プログラムがロレックス賞を受賞したことは、他の保護取り組みも触発している。国連の気候ニュートラルネットワークに参加。貧困と気候変動に対する国際的プログラムを通じて、植樹を奨励し汚染源を罰する計画の立案にも参加している。また、1999年のヘンリー・フォード自然保護賞、2000年の全米アーバーデイ(植樹の日)賞受賞など、受賞歴も多彩だ。

  • 100,000本

    「スペインの森」の最初の数年間で植えられた木の数

  • 1,000人

    毎年森林再生活動に参加するボランティアの数

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る

このページをシェアする