clock 見る時間 09:53投稿 2014年9月23日

デイブ・アーヴィン=ハリデイ

ロレックス賞 2002年度 受賞者

電気技師のデイブ・アーヴィン=ハリデイは、わずか0.1ワットの白色LED(発光ダイオード)の光があれば子供が十分読書をできることに気が付いた。彼の団体ライト・アップ・ザ・ワールドはシンプルながら革新的な技術を各家庭に提供し、従来の100ワット電球1個分より少ないエネルギーを利用してひとつの農村全体に明かりを供給することを可能にした。

記事を読む

関連するビデオを見る