clock 見る時間 04:13投稿 2015年5月28日

ウォーレ・ショインカとタラ・ジューン・ウィンチ

2008 - 2009年度ロレックス メントー&プロトジェ (文学)

初のアフリカ出身のノーベル文学賞受賞者であるウォーレ・ショインカは、メントー指導は「ある種の成長過程」と言いながら、彼のプロトジェ、タラ・ジューン・ウィンチが執筆に苦悶している時に励ます。誰かが書くとき、自分自身も含めて「それはおかしい」と言うんだ。それに従って執筆することが本物の作家を作るんだ。

関連するビデオを見る