Pierre Morvanタクシーからオサムシへ

published 1987clock 読む時間 45s
scroll-down

タクシー運転手の仕事を辞めて有名な昆虫学者になったピエール・モルヴァン。彼はオサムシの研究が進化に対して、また種(しゅ)の形成過程についていかに理解を深めることできるかを証明している。

ロケーションネパール

1989年までタクシーの運転手として働いていたピエール・モルヴァンの事例は、ロレックス賞が、世間の関心から遠いところで尽力している影の英雄たちを称え、認めていることを示している。彼が指摘するように、ロレックス賞は50年間にわたるヒマラヤ等への数々の遠征において彼が受け取った唯一の賞であり、これが彼を世界のオサムシ専門家とした。

思いがけなく受賞したロレックス賞により、私はたくさんの素材 - 何千という昆虫-を収集することができました。博物館に所蔵されている90%以上のコレクションが私のような愛好家により提供されています。

モルヴァンは、どの機関にも属さない独立した研究者に起こりうる障害を、忍耐と妥協のない精神で克服してきた。2009年までに、イランの山々からコーカサス、ネパール、ブータン、中国にまたがるヒマラヤ、アメリカ合衆国のアパラチア地方で彼は数万のオサムシを収集した。彼はまた数百の新種を発見し、新しい5つの部類、さらにはひとつの亜科を生み出した。

最後の遠征の後、モルヴァンは彼のコレクションにある標本の考察に集中し、雌の生殖システムに基づいた種の認識キーを生み出した。これがある点においては種間の関係を特定することも可能とする。彼はまた昆虫学で初のブルターニュでの新聞を創設し、50もの科学論文を発表している。彼はまたパリの自然科学博物館の研究チームに招かれている。

  • 100,000匹

    モルヴァンがヒマラヤとその他の山岳地帯で2009年までに集めたオサムシの数

  • 600種

    モルヴァンによって発見された新しいオサムシの種の数

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る

このページをシェアする