clock 見る時間 07:24投稿 2014年9月23日

マルチーヌ・フェットヴァイス・ヴィエノー

ロレックス賞 1984年度 受賞者

1975年、若きベルギー人考古学者で美術史家のマルチーヌ・フェットヴァイス・ヴィエノーは、メキシコとグアテマラの色鮮やかなマヤ壁画を自力で研究し始めた。最終的にはカタログとして出版されることとなる彼女の壁画の忠実な模写は、マヤの社会における壁画とその役割についての新たな学説へと彼女を導いた。

記事を読む

関連するビデオを見る

全てのプロジェクトを見る