ルイス・リーベンベルク新しい監視システム

published 1998年clock 読む時間 0min 44s
scroll-down

ルイス・リーベンベルクは、カラハリ先住民が動物の行動観察を記録できるよう、CyberTrackerを考案した。しかし、このテクノロジーは、きわめて用途の広い科学ツールであることが分かったのだ。

ロケーション南アフリカ

南アフリカの科学者ルイス・リーベンベルクは、動物追跡技術の開発をライフワークとしている。しかし、この目的のために開発したコンピュータープログラムがもっと多くの用途で使えることが分かった。このプログラム「CyberTracker」はスマートフォンやタブレットで使え、南アフリカの先住民が動物の行動を絵で示したアイコンを選べるようになっている。モニタリングとデータ収集によって動物と生態系を守る目的でデザインされたこのツールは、きわめて用途の広いものであることが分かり、現在では科学研究、市民科学、教育、農業、社会・保険調査、防犯、災害救助にも使われるようになった。フリーウェアとして入手できるCyberTrackerは、200か国を超えるユーザーによって100,000回以上ダウンロード されている。

環境をモニタリングする目的は、私たち人間の行動が自然に悪影響をもたらしているかどうか、そうだとすれば、それがどのような時なのかを注意喚起することにあります。

2013年、リーベンベルクは追跡の状況をより充実させるため、5冊目となる著書、The Origin of Science: On the Evolutionary Roots of Science and its Implications for Self-Education and Citizen Science(科学の源:科学の漸進的根源と自己教育および市民科学の関係について)を出版した。彼は現在も、この革新的な追跡ツールの機能をさらに優れたものとするべく尽力している。

  • 100,000超

    CyberTrackerフリーウェアのダウンロード数

  • 200か国

    CyberTrackerを使用している国の数

全てのプロジェクトを見る

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る