Les Stocker野生の呼び声

published 1990clock 読む時間 55s
scroll-down

1970年代、生まれて初めて怪我をしたハリネズミを保護したイギリス人会計士、レス・ストッカーは、趣味で行っていた動物看護を世界的に有名な野生動物教育研究病院へと育て上げた。

ロケーションイギリス

何処から見てもレス・ストッカーの一生は素晴らしかった。獣医師の資格こそ持たないが、40年もの間、野生動物看護の権威としてストッカーは世界中から尊敬を集めた。2016年7月、ストッカーは逝去した。

治療してやれば、動物も生きようと努力します。人間の救急患者と同じです。治癒した鳥や動物が野生に帰って行くのを見る度に、達成感がこみ上げてくるのです。

元会計士のストッカーは、1983年にバッキンガムシャーでティギーウィンクルを立ち上げた。国内初の野生動物病院だ。野生動物で怪我や病気を負った野生動物の看護で新しい取り組みを試みたのだ。余暇を利用して自宅の物置でストッカーが活動を始めた1970年代、傷ついた野生動物は安楽死させられるのが普通だった。

研究と保護に身を捧げたストッカーは、アナグマをはじめとしてヒキガエル、チョウゲンボウまで幅広く動物を看護する方法を確立した。彼が執筆した14冊の動物の治療に関する本は、現在でも世界中で使われている。自身に資格がないため施すことができない手術は、専門家のスタッフを雇って行った。1990年のロレックス賞受賞は、彼によれば「自分の威信を確立」した。ストッカーが創立した野生動物病院財団には、世界中から100万件以上の問い合わせ電話がある。

野生動物の救急治療とリハビリテーションの専門家として認められたストッカーは、野生動物保護に貢献したとして2002年にMBE(大英帝国勲章)を受勲、王立獣医師会から名誉準会員に任命されている。

  • 330ページ

    『Practical Wildlife Care(野生動物の看護学)』のページ数。野生動物の看護に関するストッカーのベストセラー書籍

  • 40人

    野生動物病院財団で働くスタッフの数。うち動物看護士は12人、常勤獣医師は1人

  • 30%

    年間10,000の患者がティギーウィンクルに運ばれてくる。その30%はハリネズミ

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る

このページをシェアする