Martha Ruiz Corzo持続可能性というシンフォニー

published 2002clock 読む時間 50s
scroll-down

マルタ・ルイス・コルソにとって、自然保護と貧困層の経済発展を切り離すことはできない。中央メキシコの山岳地方で彼女が実現した精神だ。

ロケーションメキシコ

メキシコ、ケレタロ州の奥地でマルタ・ルイス・コルソは、貧困家庭を草の根民主主義に参加させながら、ジャガーや蝶類を保護する持続可能な発展プロジェクトを実践している。彼女は他の地域でも同様の保護活動を展開するために、資金を集めている。

山々はかつてないほど青々としています。何年も見たことがなかった動物相が戻ってきました。アンブレラ種の大型動物も増えたということは、生態系がより多様になった証です。

教師であり音楽家としても成功していた彼女は、バイオリンとアコーディオンを置き、故郷シエラ・ゴルダの環境保護に立ちあがった。30年前、森林が消えようとしていた。

1987年、ルイス・コルソは夫、友人とともにシエラ・ゴルダ環境保護グループを設立した。その10年後、同グループによるロビー活動によって、シエラ・ゴルダ生物圏保護区が指定された。ルイス・コルソは13年間にわたり同保護区の責任者を務めた後、草の根運動へ戻った。官民連携の優れた一例だ。

環境保護と地元住民のエンパワーメントを統合した彼女のやり方は、2002年にロレックス賞を受賞した。受賞のおかげで活動の知名度が格段に上がったと彼女は考える。600万本の木が植えられ、100,000人の地域住民が伐採ではなくエコツーリズムから生計を立てられるようになった。

「奉仕が喜び」だと話すルイス・コルソは、数々の賞を受賞している。2014年に国連で最高の環境賞である「地球大賞」と、ワンガリ・マータイ賞を、2016年にはナショナル・ジオグラフィック協会からワールドレガシー賞を授与されている。

  • 660,000ヘクタール

    ルイス・コルソと仲間たちのロビー運動によって保護区指定を受けた土地

  • 14

    シエラ・ゴルダ特有の生態系の数。世界で最も多様な生態系を誇る

  • 6団体

    シエラ・ゴルダ環境保護グループを含めた、同保護区の管理に関わる団体

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る

このページをシェアする