ミッション・ブルー

地球のブルーハートを見守る

ロレックスのパーペチュアル プラネットへの取り組みは、科学の力で世界の環境問題を把握しようとする人々、そして多くの困難にさらされている、特に海洋など、私たちの生態系に関わるバランスを回復させる方法を探求している人々を支援する。

ミッション・ブルーでは、海洋の健全性未来を守るための闘いに不可欠な存在である、それぞれの土地に暮らす人々に参加してもらい、地域の活動を促進している。地球の青く広大な海(Blue Heart)に点在する、こうした海洋生物の保護区域に、創設者であるシルビア・アールは「ホープ・スポット」という魅力的な名前を付けている。

地球のブルーハートを見守る

ミッション・ブルー

伝説的な海中探検家シルビア・アールが率いるミッション・ブルーは、地球上を取り巻くように点在する海洋保護区のネットワークを確立すべく、改革に乗り出している。海洋保護区は主な種や生態系を保護するだけでなく、地域の活動をインスパイアし、力を与えることで、世界中の公共利益と海洋活動への支援を活性化させている。ホープ・スポットは海洋の健全性に不可欠であることが科学的に特定された、特別な場所である。一部はすでに保護地域となっているが、正式な保護を必要とする地域はまだ多く残っている。アールのリーダーシップのもと、ミッション・ブルー チームは、こうした重要な生態系を特定して研究し、将来にわたって保全する方法と、協力する人材を見つけるための遠征を開始した。

ホープ・スポットは、カリフォルニア湾、エーゲ海、カリブ海、カスピ海での人間活動の影響緩和、ガラパゴス諸島、アンダマン諸島、カナリア諸島の絶滅危惧種の保護、南極沖やパラオ沖の深海とその生態の探索、そして世界中の絶海で手つかずとなっている、環礁やサンゴ礁の保護に取り組んでいる。

この1世紀近く、ロレックスもまた、クロノメーターを最も標高の高い山や、最も深く、遠��離れた、暗い海へと送り出し、世界中で行われている探検を支援してきた。今、純粋な発見を目的とする時代は、地球の生態系保護につながる探検へと変わりつつある。ロレックスは長い間、アールやロレックス賞受賞者でもある、多くの不屈の海洋科学者たちと海洋発見におけるパートナーとなってきた。

2019年、ロレックスは優れた個人や、自然界の理解や共有、保護のために取り組むナショナル ジオグラフィックといった組織を支援する、パーペチュアル プラネットへの取り組みを開始した。今日、ミッション・ブルーとロレックスのパートナーシップは、パーペチュアル プラネットの支柱となっている。それは、人類と私たちが暮らす地球にとって、より良い、より安全な未来を実現するための精神や意志、そして資源の結びつきである。

ホープ・スポットでは、現地の支持者やコミュニティが科学者と協力して海を理解し、海洋保護区の新設や既存保護区の改善、そうした保護区が擁する奇跡的な生命とそれを尊重する方法について学び、その知識を世界と共有する。

大小さまざまなホープ・スポットは、いずれも次の点で希望がある。

- 海洋生物の豊かさや多様性、珍しい、または代表的な種、生息地および生態系

- 希少種、絶滅危惧種、または固有種の注目すべき個体数

- 人間活動によって引き起こされた被害から復元する方法を示す潜在性

- 主要な回遊路や産卵場をはじめとする、重要な自然資産の存在

- 地域および世界の人々にとっての歴史的、文化的、または精神的な重要性

- コミュニティにとっての経済的重要性

ミッション・ブルーの目標は、2030年までに海洋の30%を保護することである。これは、海洋の健全性を保護するために国際自然保護連合(IUCN)が定める推奨目標である。ロレックスのサポートとともに、ミッション・ブルーは、海洋生態系の驚異と豊かな多様性が未来の世代にわたって失われないようにすることを目指している。

これを達成するために、ミッション・ブルーは国際的な最先端科学を、200を超える地域や世界の保護団体とのパートナーシップ、そして海の素晴らしさを一般の人々や子供たちにも伝える世界的なアウトリーチの取り組みと融合させている。

2009年の創設以来、世界中で130以上のホープ・スポットが認定されている。2019年には21カ所、2020年には12カ所が新たに設けられた。ミッション・ブルーは現在、69カ国のコミュニティと直接連携し、その土地固有の海洋環境を取り戻し、保護している。こうした取り組みの中で得た発見や活動を、ドキュメンタリーやソーシャルメディア、従来型メディア、海中ウェブカメラと視覚化技術、オンラインセミナー、その他の現代教育やアウトリーチ方法を通じて伝えている。これにより、世界中の多くの人々が初めて、深海の不思議を観察、探求し、そして驚嘆し、その保全を共有することができるようになる。

海は地球上の生命発祥の地である。私たちは海に対する畏敬の念や愛、そして大切にする心をもたなくてはならない。

海洋探査に生涯を捧げるアールは、これまで海中で7,000時間以上を過ごしてきた中で、100以上の遠征を主導し、数千もの新たな水生生物を発見、米国議会図書館から「生きた伝説」、タイム誌から「惑星のヒーロー」と呼ばれている。自身の活動について、彼女は次のように説明する。「よく『海が直面している最大の問題は何ですか』と尋ねられます。それはもちろん、私たち人類が海に流し、そして海から取っているものですが、最大の問題は無知だと思います。多くの人は、なぜ海を大切にしなければならないのか、理解していないのです。」

「海は地球上の生命発祥の地である。私たちは海に対する畏敬の念や愛、そして大切にする心をもたなくてはならない。」

ミッション・ブルー

ホープ・スポットを設定し、海を救う

詳細を見る


  • Perpetual planet

    海のヒーローたち

    海の健全性を回復させ、パーペチュアル プラネットのために何をすべきかを示している新世代のヒーローたちを見る。

    再生ビデオを見る

全てのプロジェクトを見る

Perpetual Planet

環境

詳細を見る