アンドリュー・マクゴニグル火山噴火の予知

published 2008年clock 読む時間 45s
scroll-down

火山の近くに暮らす何百万もの人々の命を救うために、スコットランドの物理学者のアンドリュー・マクゴニグルはドローンを使った火山の噴火の予測方法を開発している。

ロケーションイタリア、世界中

研究者たちは、100年以上も火山の噴火を予測する方法を模索してきた。その中には火山に接近し、自らの身を危険に晒さなければならないものもある。イギリスのシェフィールド大学に所属するアンドリュー・マクゴニグル博士は、無人ヘリやデジタルカメラなどの最新のテクノロジーを使って火山のガス放出量を測定し、将来的な噴火を感知する。火道内の圧力の 低下とともに、溶岩からぶつぶつと放出される二酸化硫黄と二酸化炭素は、噴火が迫っていることの前触れである。

私たちは火山活動がどのようなものかを知りたいのであり、 その目的はあきらかに人道的なものです。噴火を予測することで、人々が避難するために十分な時間を確保しておきたいのです。

マクゴニグルは、主に南イタリア、ニカラグア、パプアニューギニアにある火山について現地調査を行っている。彼の考案した予測方法が成功し、これを火山ごとに異なる他の方法と併用すれば、過去何世紀かの間に噴火や噴気活動を起こした550の火山の周辺で暮らす人たちに、噴火の何週間か何か月か前に警報を発令できるようになるかもしれない。これにより、噴火によって死亡する人々の数を大幅に減らすことができるだろう。

  • 50件

    世界中で一年間に起こる火山噴火の平均数

  • 100,000人

    20世紀に火山噴火により亡くなった人々の数

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る

このページをシェアする