Billy Lee Lasley繁殖の力を高める

published 1978clock 読む時間 40s
scroll-down

飼育下繁殖は、絶滅の危機にあるいくつかの鳥種には最後の希望である。アメリカ人ビリー・リー・ラスレーは、鳥の性別を特定する非侵襲的メソッドを開発した時、サンディエゴ動物園で内分泌学者として働いていた。

ロケーションアメリカ

40年前、絶滅の危機にある鳥種の繁殖プログラムは、繁殖可能なつがいを見出すことの難しさからしばしば失敗していた。それゆえ、性別間で羽に差異を持たない鳥の性別と生殖状態を特定する非侵襲的メソッドの開発が必要であった。ビリー・ラスレーは、肉体/精神に緊張を与えない経済的で簡単な性別特定メソッドが必要であることを理解し、排出物の中の性ステロイド比を測定するシステム(現在ではより特殊な遺伝子テストに取って代わられたが)を開発した。

鳥の性生活を特定するホルモン代謝産物のモニタリングの開発は、動物、人間の双方の研究に広く応用されるようになりました。

研究が開始されてから初期数年間は、この技術は動物園における外来種の繁殖や放し飼いの動物の生殖に付随するものとして実施されていたが、次第に人間の初期の流産についての解明、生殖における環境的偶然の有害な影響の検出、高齢化における生殖の健康状態の監視など、別の科学分野へと適用されていった。この技術への資金提供は、それが人間の分野へ拡大された時に一般的なものとなった。

ラスレーの研究の現在の焦点は、女性のリプロダクティブ・ヘルス(生殖に関する健康と権利)と女性の健康的な老化を重要視した人間の生殖と不妊だ。こうした研究は現在カルフォルニア大学デービス校で進められており、ラスレーはそのカルフォルニア国立霊長類研究センターの名誉教授を務めている。

プログラム

ロレックス賞

詳細を見る

このページをシェアする