ロレックスと映画の世界

ロレックスは、4人の偉大な映画監督と絆を築いてきた。キャスリン・ビグロー、ジェームズ・キャメロン、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、マーティン・スコセッシは映画界の巨匠であり、4人合わせて57ものアカデミー賞を受賞している。彼らは、作品の個性を際立たせるために妥協なき情熱をもって自らの意志を貫き通すよう、次世代の映画監督たちを鼓舞している。

肝心なのは音楽家を生むことではなく、自己啓発、自己達成のための手段を人類に提供するということなのです。

日本の建築詩人

建築

妹島和世の洗練されたミニマリズムは、公共建築物の概念を打ち破った。彼女がデザインした波打つロレックス・ラーニングセンターやその他の主要建築は、その業績を世界的に認めさせた。一方で、ロレックス メントー&プロトジェ アート・イニシアチヴにおいて、妹島は一人の新たな建築家の育成にも時間を費やしている。

このページをシェアする